SmartSection1 is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)

ホーム > RIO+20 > 持続可能な開発目標 > SDGsイベント > 2/26 SDGs勉強会in東京 私たちのこれから:2015年以降の開発目標をヒントに考える

2/26 SDGs勉強会in東京 私たちのこれから:2015年以降の開発目標をヒントに考える

投稿者: ゲスト 掲載日: 2014-2-4 (2678 回閲覧)
   

   持続可能な開発目標(SDGs)勉強会in東京    
 「私たちのこれから:2015年以降の開発目標をヒントに考える」

  日時:2014年2月26日(水)18:00〜20:30
  会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)


 昨年3月から行われてきたSDGsに関する公開作業部会(OWG)における議論は、
今月を持って一連の議論を終え、来月からはひとつのまとまった提案のための
第2ステージへ突入します。

 今回の勉強会では、今までのOWGでの議論を振り返りつつ、様々な視点から
世界全体の目標である2015年以降の開発目標づくりその過程への市民の関わり
について考えた上で、私たちのこれからの暮らしや生き方、また必要とされる
アクションについて議論します。


◆概要
 日時:2014年2月26日(水)18:00〜20:30 
 会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
 対象:本テーマに関心のある方ならどなたでも 30名程度

◆プログラム(予定)
プログラム
  17:30 開場・受付

 18:00 イントロダクション:SDGsを巡る議論の今とこれから
      今井麻希子氏(国連生物多様性の10年市民ネットワーク)

 18:20 ポスト2015:世界の目標づくりへの市民の関わりに関する様々な視点
     ・MDGsの視点から:普及啓発とその達成にむけた活動から振り返る
      稲場雅紀氏(動く→動かす) 
     ・企業の視点から:
      黒田かをり氏(CSOネットワーク)
     ・国際目標と市民の暮らしをどう結び付けるか
      町田佳子氏(WWFジャパン) (調整中)
     ・地域の暮らしの現場視点から考える
      坂田昌子氏(国連生物多様性の10年市民ネットワーク) 
     ・農村の持続可能な暮らしを取り戻すために
     谷川徹(四国生物多様性ネットワーク事務局)

 19:20 パネルディスカッション
     ・これから市民としてどのようなアクションができるか
      コーディネーター:北橋みどり(環境パートナーシップ会議)

 20:30 アナウンスメント・終了
    ・四国NGOの取り組みの紹介 (常川真由美(四国EPO)


◆主催等
 主催:環境パートナーシップ会議(EPC)
 協力:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
 ※当イベントは、平成25年度地球環境基金の助成を受けて実施します。

◆参加費・お申込み
 参加費:500円
 申し込み:本勉強会の受付は終了しました。

◆会場(GEOC)へのアクセス
 東京メトロ表参道駅B2出口から徒歩5分、各線渋谷駅東口から徒歩10分
 http://www.geoc.jp/access

◆お問い合わせ
 一般社団法人 環境パートナーシップ会議(EPC) 担当:北橋・姜・西本
 URL: http://www.epc.or.jp/summit/
 E-mail: rio20◎epc.or.jp (◎を@に変更して送信下さい)
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 3/14(金)ポスト2015 ユース勉強会・ミーティング 1/26 SDGsセミナーin松山 次の記事

関連ページ



サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失